キービジュアル_公開用.png

​そして私たちはひとつになる——————

yuu-koku_normal3.png
 

うた

​あなたぐ、地獄から詩篇

融国

紀2605年―――銃後をも巻き添えにした酸鼻極まる戦いの末、精強なる将兵達は虚しくも骸と化し、

世界に威光を知らしめた誉れ高き兵器は鉄屑となり、神でさえ人となった。

 

そんな時代の片隅に、灯した瞋恚の炎を絶やさぬ者たちがいた。

決死の覚悟を示し、滅びの運命に抗う者がいた。

元帝国陸軍大尉、桐島紘一もその一人であった。

 

憂国の至情に燃える同志を率いて、桐島は叛逆の狼煙を上げる。

かつて抱いた愛国の忠義が妄執へとすり替わり、もはや自らが帝国の亡霊と成り果てていることに

気づかぬまま、青年たちは命を華と散らしていくのだ。 ​

 

そうして多大なる犠牲を払い、怨念の先に邂逅するは――元敵国軍大将の息女、

アメリア・ハルゼー少尉

輝くばかりの気高さを持つ少女と護国の鬼と成り果てた男。

互いに譲れぬ矜持と執念、その相剋の末に、ふたりは無窮の地獄へと堕ちていく。

昏き闇の中には国の為に在る軍人など何処にもいない。あるのは、狂ったと壊れゆくひとりの少女

 

繰り返される悪夢の果てに、何を見るのか――――――

 
 

​きりしま     こういち

​桐島 紘一

/主人公

CV.白火シン

20代/182cm80kg/A型

蓄音機マーク.png

​「今こそ、天に代わりて不義を討つ。

 昇る朝日と諸共に、帝国の威光を知らしめるのだ」

眉目秀麗、文武両道。漆黒の髪に血のような深紅の瞳。

憂いを帯びた雰囲気と陰のある美貌を持った青年。

戦後に解体された皇軍の元陸軍歩兵大尉。陸軍きってのエリートである近衛師団の出身で、戦時中は主に禁闕守護の任に就いていた。大戦末期には陸軍士官学校の教官に転属し、前途有望な若年将校の育成に注力する。忠に篤く、義を重んじる廉潔な軍人として、士官候補生たちからは畏敬視された。普段は寡黙で厳格な印象を受けるが、仲間の戯れの言葉には冗句を返すなど、人間的な一面を覗かせることも。

高貴な血を引く令嬢の母親と、軍人の父親との間に生まれた。身につけている軍刀は、亡くなった父親の遺品。幼少期は身体が弱く内気な文学少年だったが、父親の英才教育を受け、虚弱体質を克服した過去を持つ。

帝国に最後の“救国の風”を呼び起こすべく、自らをはじめとした元皇軍将校と複数人の生徒隊による秘密結社「御楯乃会(みたてのかい)」を組織し、進駐軍に対する反攻作戦を計画する。アメリアの誘拐は当初の作戦予定にはなく、単に手違いによるものだった。しかし、彼女を教育しているうちに、崇高な意志は妄執と化す。

やがて自らが至誠の対極にあることにも、彼は違和感を抱かなくなった。

立ち絵_桐島_完成形_サイト用.png
桐島立ち絵_仮

桐島立ち絵_仮

桐島紘一_衣装設定

桐島紘一_衣装設定

 

​ギャラリー

※画像は開発中のものです。製品版と仕様が異なる場合があります。
※CGイラストについては新規絵を随時作成中です。
CGサンプル
CGサンプル
press to zoom
CGサンプル
CGサンプル
press to zoom
CGサンプル
CGサンプル
press to zoom
CGサンプル
CGサンプル
press to zoom
CGサンプル
CGサンプル
press to zoom
CGサンプル
CGサンプル
press to zoom
イメージビジュアル
イメージビジュアル
press to zoom
キービジュアル
キービジュアル
press to zoom
 

―――ける、ける、てがける。

への忠義も、少女へのいも、もかもが。

にくべられたのように煌々えて、きて、

えていく―――――――。

燃える_透過_縮小_edited.png

彼女と過ごした日々は 私にとって 何物にも代えがたいものだった